合成サプリについて

次に合成の栄養素について。
何といってもこちらの栄養素は、おおげさに言ってしまえば工業製品的なものになります。

なので、大きな利点としては、大量生産ができるということで、いつでも手に入り、また価格も安く、その栄養素が高濃度になっているというところではないでしょうか。
天然の栄養素が、その原材料である野菜や魚など、どうしても天候や季節の影響を受けやすいことが考えると、そこをクリアしているわけです。

また、形にしても加工しやすいこともあり、飲みやすい小さな粒にできたり、高濃度もしやすいので量も小さくすることも可能です。
薬局などで手にはいるビタミン剤ですが、これはこちらの合成の栄養素になります。

合成と聞くと、ちょっと一歩ひいてしまいがちですが、何度も出てきているビタミンCでいえば、でんぷんから作られていて安全性には何の影響はないですし、酸化防止剤としていろいろなものに入ってもいます。
ちなみに、ペットボトルのお茶などにも成分表記でよくビタミンCと書いてあり、ビタミンCも入っているんだとちょっと得した気分になるかもしれませんが、これはどうやらビタミンCが酸化しやすいという特性を利用した酸化防止剤としての役割をしているようです。

また、合成の場合は、天然のとは違ってしっかりと作用しないものもあるというようです。

天然と合成を選ぶとき天然サプリについて