ビタミンEについて

天然と合成の栄養素についてみてきましたが、ここでビタミンEについてみてみます。

このビタミンEですが、他の栄養素とちょっと違い、天然と合成との間で違いが大きく、はっきりと天然の方がいいとされています。

このビタミンEですが、その最終的には3種類のかたちで提供がされているようです。
合成ビタミンE
天然ビタミンE
天然型ビタミンE

その違いは次のようです。
まず、合成ビタミンE。
これは、素材を化学的に合成して製造されたものです。
表記では酢酸dl-α-トコフェロールとなっています。

天然型ビタミンEは、天然素材から抽出したものに安定化をさせるために酢酸を入れたものです。
表記では酢酸d-α-トコフェロールとなっています。

天然ビタミンEですが、これは天然素材から抽出したものを、そのままの形で安定させ提供されているものです。
表記はd-α-トコフェロールとなっています。

この3種類のビタミンEですが、どうやら体内では合成<天然型<天然という順番で働きが高くなっているようです。
天然は合成の1.4倍から1.5倍パワーがあるようです。
また、カラダのなかで働く時間も天然の方が長く働いているようです。

ビタミンはEは体内での抗酸化で重要な働きをしているので、上手く摂取していきたいですね。

天然と合成を選ぶとき